田子のサンゴ

伊豆半島の中でもサンゴ、ハードコーラル類が多い田子。北限域の造礁サンゴ分布調査プロジェクトによると、19種類の観測データがあるとか。

で、湾内のポイント、白崎の枝サンゴ(ヒメエダミドリイシ)の群生が有名だけど、今年の湾内は7月末の大雨で流入した汚泥のせいで最悪の状態。

しかし、サンゴは湾内だけじゃありません。

期間限定ポイントの田子島にはテーブル状のサンゴ、エンタクミドリイシがたくさん。

ということで、水深は10〜15m、ストロボ無し・コンデジでサンゴの観察です。

エンタクミドリイシ

エンタクミドリイシをよく見ると、隙間にキモガニがいます。

キモガニ

こんな形だけど、これもエンタクミドリイシらしい…。

エンタクミドリイシ

キクメイシ類とかは、撮った写真と図鑑を見比べてもよく分からない…。たくさん生えてるソフトコーラル、トサカ類も判別できない…。

たぶんトゲトサカとキイロトゲトサカ

どなたか、判別方法教えて〜。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/09/ryo/3148/trackback
りょう
りょう

世田谷生まれ

ライセンスを取ったのも忘れたころ、いきなりダイビングに目覚めて15年…。今は週末とか西伊豆のシーエッグ ダイバーズで非常勤スタッフやってます ^_^

普段は物流の仕事で大型に乗ってます。通勤もほぼプリウスで、運動不足かも…。

伊豆半島・田子
シーエッグ ダイバーズ

〒410-3515
静岡県賀茂郡西伊豆町田子2385-1
Tel:0558-53-0807

www.seaeggdivers.com

バックナンバー
田子のサンゴ < 編集後記 < トップ