潜り歩く

ワタクシゴトなんだけど・・・里帰り出産&イクメン生活のため一時帰国中なのだ。

この十数年でこんなに長期間日本にいた事がないのだが、6月の爽やかな気候の札幌で美味しいものを食べながらせっせと愛娘の世話に勤しむ日々を楽しんでいる。

さすがに海が恋しくなるので、ここぞとばかりに日本の海を潜り倒そうと企んでもいる。

子供が生まれてから1週間はおとなしくしていたが、2週目からはほぼ毎週末、日本各地のどこかに出没して潜るのだ。

まずは豪海倶楽部でもガイド会でもお世話になっている先輩の鉄さんの三保アイアンさんで潜って来た。

鉄さんとこで潜るのは2回目なので勝手知ったるお気楽な旅のはずだったが、台風3号のYAGIさんのおかげで最後の最後まで潜れるかどうかヒヤヒヤもんだった。

結果、流石は話の分かるYAGIさんだけに!?笑、当日は爽やかなお天気で海もベタベタで楽しいダイビングを満喫できたのだった。

三保の海は泥底の海で僕のフィールドであるタイのタオ島も砂泥底なので共通点があるから馴染み易くとっても楽しい。

今回は僕の同行者が大人数だったため僕はアシスト半分で潜っていたのであまり集中して写真は撮っていないのだが、鉄さんの名ガイドでいろんな生物を魅せてもらい、エントリーからエキジットまで次から次にネタのオンパレードで、気がつけば1ダイブで一瞬で80分のダイブタイムが過ぎていたのだった・・・

鉄さん、エキジット直前の浅場であんなに可愛い紫色のカエルアンコウのちびっ子を紹介したらダイビングが終わりませんよ〜

カエルアンコウ

道中の名古屋では近辺のダイバー仲間と飲み明かして久々に記憶を失ったのだった・・・(^_^;;

そして、翌週は実家の京都へ帰省しつつ和歌山へ遠征。

豪海でもおなじみの古座KOOZAの上田君やガイド会仲間のみなべL-DIVEの李君と一緒に潜ろうと計画を練っていた。

そしたら、今度は台風4号がドンピシャでやってくる予報・・・

僕も可哀想だが、現地の受け入れガイドさんも可哀想やな〜と思っていたら、誰の日頃の行いが良いのか!?台風は弱まり低気圧になり当日は予報がウソのように快晴だった。

ただし、予定していた古座川でのオオサンショウウオのリバーダイブは、さすがに大雨の後の増水のため、安全を考慮して中止となり、その日は潔く宴会モードに切り替えたのだった・・・

我が同志社大学のダイビング部の先輩が白浜でやっている”マルキヨ”という浜屋台で地魚を肴に大宴会で、途中から上ちゃんも乱入して大いに盛り上がった。

上ちゃんお手製のノボリにはダイバー仲間も他のお客さんもお店のスタッフも大爆笑!

自分の顔面プリントは恥ずかしかったけど、出産祝いということでやってくれた事なので素直に上ちゃんありがとう!

上ちゃんお手製のノボリ

翌日のみなべは多少のうねりが残るも李君ガイドで初みなべのダイビングを堪能しました。

個人的には初めて見たオオカワリギンチャクの群生に感動した〜!

オオカワリギンチャク

そして初めて見たボロカサゴの幼魚!

この子はこれから何色に染まっていくのだろうか・・・

ボロカサゴの幼魚

さあ、来週末は久米島だ! 川本さん、ヨロシクお願いしますね〜

こうしていろんな海を潜り歩くのも楽しいものだ。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/07/omura/3030/trackback
大村
大村 健(おおむら・たけし)

1973年、京都生まれ
ガイド会所属

18歳で大学のクラブでダイビングを始め、その後、バックパックを背負って海を潜り歩く旅を経て、20歳の頃に秘境・タオ島に出会う。以後、徐々に発展してきた島とともにダイビングにのめり込んで今に至る。現在、タイの2つの海を舞台に、海のポテンシャルをフルに引き出すべく精力的に潜り倒す日々を送っている。

タイ・タオ島 カオラック
Big Blue Diving

www.bigbluediving.jp
take40mura.blog17.fc2.com

タオ島店
17/18 Moo 1, Koh Tao,
Suratthani 84280, Thailand
Phone : 66-77-456 179
Fax : 66-77-456 772

Big Blue Diving Tao

カオラック店
57/7 Moo 7, Khuk Khak Takua Pa,
Phang-Nga 82190, Thailand
Phone : 66-76-486 773
Fax : 66-76-486 774

Big Blue Diving Khaolak

バックナンバー
潜り歩く < タイの海から < トップ