ガイドの観・感・勘

5月号は僕にとって記事を掲載させて頂けることになった月であるため節目の時。自分のガイドを振り返り、見詰めなおすタイミングでもあります。久米島ダイブエスティバンより奇数月担当、田中伸です。

日々、自分のガイド力向上の為、師の助言や諸先輩方の記事やブログを参考にさせて頂き、久米島に置き換えてフィールドを観察し、紹介させて頂いている中で、見えていなかったものが不意に見えてくることがあります。そういったきっかけで、自分のガイドに対する考え方に変化が起こり、さらに向上心が生まれます。

恩納ヘビ 繁殖行動
恩納ヘビ 繁殖行動

「現地水中ガイドの真骨頂は生態行動ネタでしょぅっ!!」

っと、かなり偏った持論を持つ僕なのですが、求愛、繁殖、産卵etc・・・注意深く観察を続けていると、ほんの少しではありますがそういった世界も見えてきました。

現代は解らないことがあればインターネットを開くことによって、欲しい情報は大概即座に手に入ります。しかし、情報を収集したからと言ってうまくいくはずもなく、実際のフィールドでそこにたどり着くまでには莫大な時間と労力と経験が必要です。

生態シーンに出くわすたびに、見れば見るほど、自分の未熟さを感じ、諸先輩方の努力に感服します。

オヤビッチャ(シリテンタイプ)の卵と興奮色
オヤビッチャ(シリテンタイプ)の卵と興奮色

生物の生態は静止画にすると伝わりにくくなってしまいますが、実際に解説を加えた状態で観察すると、とても興味深いものになると思っています。

「ダイビングするなら水中写真でしょぅっ!!!」

っと、これまた偏った持論を過去に持っていたこともありますが、生態行動が見えてくるようになるにつれて、考え方も変わりました。フィッシュウォッチングの奥深さや楽しさが、一歩踏み込んだところから考えられるようになってきました。

「美しく、分かりやすく、興味深く、ちょっと笑えるガイド」を目標に今年も一年精進していきたいと思います。

まずはGW!張り切っていきますよ〜!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/05/estivant/tanaka/2890/trackback
田中
田中 伸(たなか・しん)

1982年5月20生まれ
島根県西部の山奥出身

山河に囲まれた環境に生まれ自然への好奇心は幼少期に確立されたものと思われる。学生時代に出会った沖縄の海に魅了され勢いでダイビングの世界へ飛び込む。都会から海へと通う生活を続けていたがガイドの目線でもっと海を見つめたいという好奇心から勢いで久米島へ。沖縄の太陽光と、「すべてはこの一本の為に」の精神を吸収しながら、日々精進で御座います!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
ガイドの観・感・勘 < 沖縄・久米島から < トップ