我が子かわいさ

自分に兄弟がなく、子供の頃に年少の子と遊ぶ機会がなかったせいか、大人になってからも、どちらかと言えば子供の相手をするのが苦手でした。

「そろそろ結婚して、孫の顔でも見せてくれれば良いのに…」

と母親にぼやかれた時にも「だって、あんまり子供好きじゃないしさぁ〜」

と答えたところ、「それが自分で産んだ子供となると、可愛くなるもんなのよ。」

と返されました。

そんなの信じられない…と思いましたが、そのまま子供を産んで育てる機会がなかったので、確かめることができませんでした。

そんな話と何となく似ているように感じるのが、水中で見つけた被写体。

例えば、春になると見られ始めるアマミスズメダイ。今年最初の1匹を見つけたくてウズウズしています。出始めの頃は個体数が少ないので、

「ねぇ、ねぇ、●●さんが見つけたアマミって、どの辺にいるの?」

とか、

「○○さんが見つけたアマミって、良い子で撮りやすいよね〜」

という会話が飛び交います。

そのうち、そのアマミは

「●●さんのアマミ」

とか

「○○さんのアマミ」

というように、まるで見つけた人の所有物か子供のように呼ばれるようになり、愛着が湧いてきます。

見つけた○○さんや●●さんは、自分のアマミが人にほめられたり、人気者になると、かなり嬉しそうです。

だんだん個体数が増えてくると、いちいち名前なんて付かなくなるのですが、ゲストが新たに見つけたりすると、ログ付けの時に

「□□さんのアマミ、可愛かったね〜」

と盛り上がります。前のダイビングで、いっぱいアマミを見せてもらい、ガイドには

「もう、アマミはいりません」

と宣言していたゲストも、次のダイビング中に自分で新たなアマミを見つけると、また夢中になって撮っています。

「もうアマミはいらないって言ってませんでした?」

と聞くと、

「自分で見つけた子は可愛いのよ〜」

と苦笑い。

アマミスズメダイに限った話ではなく、ウミウシでもエビ・カニでも、何でもそうです。そして、その気持ちは、私にもとってもよくわかります。

今年も、そろそろアマミが出始めました。まだ個体数は少ないようです。

島内の同業者のブログで話題になり始めていたのに、なかなか見つけれらませんでした。そこで、ご近所のガイドさんに

「あの子、どこで見つけたの〜?」

と教えてもらい、早速撮りに行ってきました。エントリー口噂に違わず良い子で、とっても撮りやすい子でした。

アマミスズメダイ
アマミスズメダイ

しかし、やっぱり私も自分で見つけたい。自分の子がほし〜い!ってことで、撮影後にまたまたアマミ探し。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/04/mizutani/2797/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー
我が子かわいさ < 伊豆諸島・八丈島から < トップ