第二話 エダアザミの仲間 前段

三保(ここに限らずですが)には、正式な和名や学名のない生物がいくつか見られます。ゲストの方から「学会発表したら、名前を付けられるんぢゃないですかぁ?」って言われる事もありますが、どちらかと言うとそれをアシストする立場にあるので、自分がメインの研究者になることは、ゼロではありませんが、まずありません。

このエダアザミの仲間に関しても、図鑑にも掲載されていますし、伊豆半島や諸島でも観察されている生物なので、それほど珍しくはありませんが、三保以外の場所では、わざわざこれを見に行くために降りるような水深ではないので、何かのついでや、かなりの物好き(笑)の方を対象にしないと、ガイドのネタとしては成立しません。

この生物に関しても言えることですが、三保は透明度が悪く、比較的暗いことが多いので、他のエリアに比べて、より浅い水深で観察できる特徴があります。一見、ネガティブな話しをしているようですが、僕は逆手にとって「売り」にしています。(笑)

次号では、このエダアザミの仲間との奮闘記をお伝えいたします。

画像は、三保真崎の左側(通称:お花畑)方面に群生しているエダアザミの仲間です。

エダアザミの仲間
エダアザミの仲間
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/03/tetsu/2746/trackback
鉄
鉄 多加志

1965年生まれ
清水出身
ガイド会所属

生まれ育った環境が、都市部?の港湾地域に近く、マッドな環境には滅法強く、泥地に生息する生物を中心に指標軸が組み立てられている(笑)この業界では、数少ない芸術系の大学出身で写真やビデオによって、生物の同定や生態観察を行う。

通称「視界不良の魔術師」

静岡・三保
ダイバーズ・プロ アイアン

〒424-0902
静岡市清水区折戸2-12-18
Tel:0543-34-0988

Divers Pro IRON
blog.goo.ne.jp/under-w
blog.livedoor.jp/diverspro_iron
ameblo.jp/g-iron

アイアン

GROUP IRON

ORGANIC KELP

バックナンバー
第二話 エダアザミの仲間 前段 < 静岡・三保から < トップ