サーモス シャトルシェフ

サーモス シャトルシェフ

保温調理器である。煮物とか、1度高温にしてこの中に入れれば、かなり高温が持続するので、その間に調理が進むらしい、、、要するに、エネルギーコストの節約であるし、豆とか煮てて火を付けっぱなしのまま忘れるという。お年の我が家には向くのではないか、さらにうまく使えれば、エネルギーの限度のあるキャンピングカーにいいのでは、、、ということで買ってみました。

日本酸素製、1時間以上さめない、サーモスのマグカップは、ほんといいし、お客さんにも好評で買ったという人も多い。実は、昔日本酸素の潜水道具で、オーバだっけ? 広告撮影を担当したことがあって、懐かしいメーカーがこんな形で技術を使って、すぐれものを作ってくれていて、うれしくなる。

LED電球

我が家の電球もLED化は、ほぼすんでいるが、また新しいのが登場した。

スイッチをばしばしすると、その度に明るさが変わるやつだ。

常夜灯に使うときは、1Wにできるわけで、新たに常夜灯を買う必要がなくなるし、1Wって10個つけても10W、、、つける必要ないけど、、、なんかアイデアである。地味だけど…。

小さな努力とケチは、大切なことだと思うんだよね。

ケチったそばから、バブッってみました。猪瀬都知事も心がデフレだ=とか言ってるし…。

ハイマーB590スターライン

超円高のいいタイミングで、清水の舞台から3段落ちしました。

全長710cm 幅235cm

中村こうじ号より30cm短い。一応先輩をたてて…?

スーパーでんでん虫

そんな先もあるわけじゃねいし…。

というわけで、この頃仕事に真面目に励んでおります。ぜひ、おいしい、いやおいしくなくてもいいので、お仕事に心当たりのある方はよろしくです。

日本で1番うまくて、安くて、早い水中カメラマンです。*自称だけど…。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/01/yusuke/essay/2634/trackback

" サーモス シャトルシェフ " へのコメント

  1. Dethleffs: 2013年1月25日 8:31 PM
    avatar

    まだ来ませんかねー ハイマー。?
    待ちどうしいです。

  2. ゆうすけ2013年1月25日 8:36 PM
    avatar

    きませ===ン! まちどうしすぎるので、心を仕事にとどめております。すでに3ヶ月半、、

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
サーモス シャトルシェフ < ゆうすけ的エッセイ < トップ