あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

稲佐の浜

稲佐の浜は美しかったです。

波の音に心が洗われるようでした。

山陰特有の低い空から、、光が降りて来る気配に感動しました。

この波の音が皆様のもとに届きますように。。。。。。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2013/01/naka/2654/trackback

" あけましておめでとうございます。 " へのコメント

  1. masaomi yokota: 2013年1月2日 6:35 PM
    avatar

    JUN-Pさん、あけましておめでとうございます。
    とても素敵なお写真ですね~、波の音が聴こえてきそうです。

  2. JUN-P: 2013年1月3日 11:47 AM
    avatar

    横田兄さん、コメントありがとうございます。

    いままでは海の青さに囚われていましたが
    その美しさも、水が清く透明だからこそ、なのですね。
    稲佐に行って気付きました。

    状況が許せば、きっと禊ぎを決行していたかもしれません。

    久しぶりにダイビングに行きたいな。。。

    今年もよろしくお願いいたしますー!

  3. masaomi yokota: 2013年1月4日 12:34 AM
    avatar

    早速デスクトップの背景にしました。見れば見るほど神々しい風景です。
    出雲は従姉の嫁ぎ先で、25年以上前に一度訪れたことがありますが
    残念ながら「稲佐の浜」には行く機会がありませんでした。
    日本海特有のこの深みのある海の色には惹かれるものがあります。

JUN-P
JUN-P(仲 純子)

大阪在住ファンダイバー
職業:コピーライターとか

1994年サイパンでOWのライセンスを取得。

宝物はログブック。頁を開くたび、虹のような光線がでるくらいにキラキラがつまっています。

海に潜って感じたこと、海で出会った人達からもらった想いを、自分のなりの色や言葉で表現して、みんなにも伝えたいなぁ。。。と思っていました。そんな時、友人の紹介で雄輔さんと出会い、豪海倶楽部に参加させていただくことになりました。縁というのは不思議な綾で、ウニャウニャとやっぱりどこかで繋がっているんだなぁ・・って感動しています。どの頁がたった一枚欠けても、今の私じゃないし、まだもっと見えてない糸もあるかもしれない。いままでは、ログブックの中にしまっていたこと・・少しずつだけど、みなさんと共有してゆきたいです。そして新しい頁を、一緒につくってゆけたら嬉しいです。

バックナンバー
あけましておめでとうございます。 < 潜るコピーライターのアンダーウオーターズポエム < トップ