がんじょう箱

天馬 屋外大型収納用品 頑丈箱 L-8500 グリーン

ダイビング機材を全部入れて、ごろごろ引っ張れる。最後はここで水洗いもできる。中村コウジ氏が使っていたスグレモノだ。我がでんでん虫2号には、積めるスペースがなかったのだが、この度バブッて、大型車のスーパーでんでん虫3号に変わったので、探したが、なかなかマイナーらしくでてこなかった。けっこうな物のわりに安いし。

少し小型のこんなのもあるのだが、いろんな所で引っ張ると、タイヤがでかい方が有利である。がんじょう箱の方がでかいので、いい加減に器材を突っ込めるのもよいし、かなり部材が厚いのも、ずぼらな人間向き。

RVキャリー 650
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/12/yusuke/essay/2583/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
がんじょう箱 < ゆうすけ的エッセイ < トップ