里帰り!?

皆様、こんにちは!!
久米島ダイブエスティバンの井上です。

今月は久米島の情報ではないのですがお付き合いください(笑)

なぜ久米島の情報ではないのかと申しますと4年振りに伊豆の方へ足をのばしてきました。それまでは幾度となく潜っていましたが久々に潜ると懐かしさであったり新鮮さを感じたりする事が多々ありました。

そんな伊豆でお目当て達は・・・まず

オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ
どうやら今年の伊豆は西伊豆・東伊豆問わずカエルアンコウ祭りが繰り広げられているようですね。

そしてお目当て中のお目当て!!

クマドリカエルアンコウ

クマドリカエルアンコウ
伊豆で潜っている時には何度か見た事が有りましたが久米では個人的に過去1度しかお目にかかれていない生物です。

やはりカラーバリエーションや愛くるしいフォルムゆえに人気が出るのは納得できます!!

いずれ久米でも20cmオーバー位の成魚もお目に掛りたいものです。(若干幼魚時代に比べると可愛さは半減!?されるようですが・・・)

可愛いついでにと言っては失礼ですが・・・

ミジンベニハゼ

ミジンベニハゼ
瓶や缶に棲み付く個体はありますが今回の様に巻貝を棲みかにするだけでまた一段と可愛さもUP致します!!

今回、巻貝に棲んでいたのは1個体のみでしたが何らかのアクシデント等によりオス同士もしくはメス同士のペアになってしまった時、狭い空間の中で双方どちらかの性転換が終わるまでの期間は気まずくはないのか!?余計な事を考えてしまいます(笑)

たまには普段と違った海に潜るのも良いものですね!!

さて、今年も残り一か月となりました久米では大物のシーズン到来です。

今年はどのようなドラマが待っているのでしょうか!?
楽しみでなりません!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/12/estivant/inoue/2591/trackback
井上
井上 雅裕(いのうえ・まさひろ)

1978年9月23日生まれ
東京都足立区出身

なぜだか高校時代の時から逃避行癖がつく。その癖が抜けきらない22歳の時、オーストラリアいる自分に気付く。あまりにも行き当たりばったりな逃避行だった為、暇を持て余しダイビングを初めてする事になる。そこでの海の迫力・偉大さも然る事ながらそれを演出してくれたガイド業という事に興味を抱き、これまた気付いたら自分もそのステージに立っていた。三十路を超えてガイド業の【REAL】を求めて久米島の地へ。日夜、問わず邁進中!!

沖縄・久米島
DIVE ESTIVANT

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町比嘉160-69
Tel:098-985-7150
Fax:098-985-7151

dive-estivant.com

DIVE ESTIVANT

バックナンバー
里帰り!? < 沖縄・久米島から < トップ