イソギンチャクモエビ

でんでん虫2号とのつきあいも4年近くが経った。ずいぶんいろんな所に行って、新しい出会いをもらった。去年は結局6ヶ月も過ごしたので、どこに住んでいるかわからなくなった。

お世話になったでんでんともお別れの時が来た。友人に無事引き取られることになり、最後のご奉公と、一生懸命磨いたら、腰痛、腕痛などイタイイタイ症状で、情けない。

そして、新しい愛車は、でんでん虫型ではない、ただのバス風。名前はハイマーBクラススターラインだ。

ドイツ生まれのカワイコちゃん。まだ改造中で来ないけど。超散財で破産状態だが、ま=いつおっちぬかはわからないので、やりたいことやろうである。

イソギンチャクモエビ

写真のイソギンチャクモエビ、なかなかよくできた擬態である。

生きて行くためには擬態が必要だ。俺もまじめな,働き者で、情熱にあふれたカメラマンに擬態して、ハイマー分稼ごうと、東京でがんばる日々である。

さらにパワーアップする、でんでん虫3号を、みなさまご招待してくださいな。

あそうそう、よろしければ来年のカレンダー、よろしくでーーす!

2013-海の時間
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/11/yusuke/ichimai/2566/trackback

" イソギンチャクモエビ " へのコメント

  1. Dethleffs: 2012年11月9日 9:14 AM
    avatar

    おひさしぶりです、富山でお会いしたデスレフです。いつかはハイマーついにやりましたね。仕事にも意欲が出ますね。がんばってください。

吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
イソギンチャクモエビ < 今月の一枚 < トップ