ミッドナイトダイブストーリー3

ミッドナイトダイブ

10月5日から再度ミッドナイトダイブのクルーズを行った。

今回は前回よりも更に器材のパワーアップを図る。株式会社フィッシュアイより供給を受けライトトラップを5月の2倍に増やした。このライトを全部点けると水中は昼間のように明るくなった。

参加人数も増えているので、それだけ見つける目の数も、撮影される写真も膨大になり、データも増えた。当然、わけの分からない魚も沢山出てくるので観察のための水槽(もちろん観察後はリリースします)も用意され、更にアカデミックな趣が強くなってきた。

準備万端で夜9時、ポイントであるゲロンアウトサイドにエントリーをした。

潮を選んでエントリーしたので開始直後から稚魚たちがわらわらと出てくる。最初はライトの前でしばらく待ってみた。大きな黄色い胸鰭を広げてナミダテンジクの仲間と思われる稚魚が目の前に現れた。体の割に大きな黄色い胸鰭が特徴か。しばらく観察していると、泳ぐことをせずに、ただその鰭を開いたままでじっとしている。彼らのような小さな稚魚が泳いだところでたかが知れている。

よもすると潮流に流されてどこかに飛ばされてしまう。しかし、その流れを利用することが出来れば効率よく遠くまで移動することができる。それを知っている稚魚たちはその大きな胸鰭を広げ、まるで風を受ける帆のようにして流れに乗る。智恵だなぁと思う。

ナミダテンジクの仲間と思われる稚魚

次にライトから少し沖に出てライトの光の限界近くで張ってみる。ミッドナイトが始まって最初にここに僕は来ない。怖がりだから。(笑)でも、いくつかの稚魚を観察すると、もう楽しくなってきてしまってそんな怖さなんてどこかへ行ってしまう。そのアドレナリンによる怖さが麻痺してからライトから離れて行動を開始する。まあ実際離れたからといって怖いことは何もないのだが。

そしてそんな場所にはハギの仲間の稚魚がいた。

ハギにおけるこのステージはケリス期と呼ばれるそうで体は透明なのだが、この固体は成長が進んでいるようで体の後半には成魚と同じようなザラザラのハギ皮が現れ始めているのが分かる。泳ぎ方は成魚と違いどちらかというとブダイのように胸鰭で泳ぐ。成長過程で尾鰭泳法へと変わっていくのかも知れない。

ハギの仲間の稚魚

ふと視線をライトのほうに戻すとセミホウボウの稚魚がいた。

セミホウボウの成魚は水底にいるのでまさか稚魚は浮遊生活をしているとは思わなかった。さらにその体がユーモラス。一丁前にセミホウボウの形をしているのだが寸づまりな感じ。成魚の特徴で胸鰭は稚魚も健在。しかし成魚に比べ体に対して小さく短い。ずんぐりむっくりしたアンバランスさが逆に可愛らしい。これでもしっかり浮遊して流れに乗っていた。

セミホウボウの稚魚

まだまだ出てくる生き物たちはまた来月もつづくのであった。

つづく。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/11/akino/2571/trackback

" ミッドナイトダイブストーリー3 " へのコメント

  1. ゆうすけ2013年1月1日 11:11 AM
    avatar

    アキノすごいね〜3つとも写真家なんかみたことある。青海島でかんじるのは、意外と同じ奴が登場するな=なんだけど、俺たちにはわからないけど、ちゃんとその場所に登場するやつは、きまってるのかもと思うこの頃です。ハギはツノダシみたいなかんじ、、そんじゃーねーー!!

秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

カメラ好きで写真を撮るのはもっと好き。でもその写真を整理するのは大キライ。「データ」が大好物でいろんなコトをすぐに分析したがる「分析フェチ」。ブダイ以外の魚はだいたいイケルが、とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。日本酒より焼酎。肉より魚。果物は嫌い。苦手なのは甘い物。

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydream-dive.com

DayDream PALAU

バックナンバー
ミッドナイトダイブストーリー3 < パラオの海から < トップ