擬態

オオモンカエルアンコウ

富山、滑川と能登島で潜ろうかと、北陸に向かっている。途中山で泊まっているが涼しくて、行きたくなくなるね。日本海も夏は暑いからね。

さて、今月のニュートンで16P、擬態の特集をしてみた。擬態のページを作るのは、本当に難しい。

どのくらい、肝心の生き物が、分かりにくいかが大事なわけだが、DIVERにみせる場合でも、オタクの人と、それ程詳しくない人では、感じ方が違うわけだから、一般の海を知らない人まで含めると、1番いい点が分からない。

写真は、まー分かりやすい?オオモンカエルアンコウだが、分かりやすすぎてつまらないともいえる。

読者が分からなーい!と感心でき、なおかつ分かる奴ってのが必要なわけで、副題が、あなたは擬態にだまされる、だから、だまされないじゃん!で、終わるのも困ったことになる。

そこでわからない奴として、イロカエルアンコウ。

このサイズの写真では分からないかも。

本では見開き、後ろの方に、この魚を白線でおおった解説付きがあるが、それでも編集部の人間は、ほとんど分からなかったそうな・・・。

どこまで分からないように撮影するか、分かるように撮影するかがキモだが、考えても仕方のないことのような気もする、永遠のテーマである。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/09/yusuke/ichimai/2454/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
擬態 < 今月の一枚 < トップ