GF3で花火

曜日に関係なく毎年8月11日に開催される底土の花火大会。

今年は土曜日だったせいもあり、もともと八丈島が多くの人で賑わっていたこともあり、天気にも恵まれて盛り上がっていました。

忙しいだの何だのと言いながら、毎年見ている底土の花火。今年もギリギリまで電話や来客の対応に追われていたのですが、最初の1〜2発の音を聞いてから、慌てて三脚担いで出て行きました。

どんなに盛況と言っても、規模は都区内の花火大会の足元にも及びません。底土の花火大会の良さは、皆が花火を近くで眺めることができること。

その雰囲気を出したくて、撮影時には花火と観客を一緒に写したくて苦労をしていました。シャッタースピードを遅くすると花火の色が明るくなりすぎたり、火の粉の流れが長すぎて形が崩れてしまったり、ISO感度を上げると画質が落ちたり、なかなか満足できる写真になりませんでした。

そこで試してみたのが、今年購入したGF3の「ハイダイナミック」機能。よくわからないまま、とりあえず使ってみました。

底土の花火大会

あら…、今までの苦労は何だったのかしら?

こういう写真が撮りたかったのよ。と、最初から思う通りになってしまいました。

フォトショップで編集する必要も全くなし。

新しいカメラって便利なんですね。

全く意図せず、面白いカットも撮れていました。

底土の花火大会

これも、撮ったままの状態で、何も加工していません。

水中撮影の時には、ごく一部の機能しか使っていないけど、本当はいろいろあるんですよね。忙しいのが一段落したら、また遊んでみまーす。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/09/hachijo/2435/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.regulusdiving.jp

レグルスダイビング

バックナンバー
GF3で花火 < 八ック謎ナゾ生命体 < トップ