マトウダイの幼魚

マトウダイの幼魚

いよいよ夏本番だ。夏といえばナンパの季節だった若者の頃が懐かしい。

一体いつのことだ! 動物が燃える季節から暑い〜〜などと,不満たらたらの嫌な季節みたいになってしまった。

私が年を感じる瞬間、、、そういえば、この前の青海島でも年を感じたね=

元々速い被写体を撮影するのは、得意分野だと思っているのだが、1cmもなくて、それなりに速い奴を撮影するは、しんどい。全身の筋肉いるもんな=

おまけに、集中力がいるし、、、さらにおまけに眼が悪くなってると更なる集中力がいる、、結果 疲れた! 疲れきった。

2ヶ月の取材で6Kg痩せたもんな〜

悪いことばかりじゃん。

さて写真だが、青海島で撮影した、5mmぐらいかな?

マトウダイの幼魚?稚魚だそうだ。同定できる所がおそれいる。

そういや=顔はそうだね。後ろは、阿部“タコ”秀樹氏のカメラだ。

背景があると、奥行きがあっていいね。などと善処じゃね=

ポジティブに考えることができるのが、じじいの奥行きの深さよね。

話はかわるが、先月のハコクラゲ、友人の編集者からプランクトンの本が送られてきた。それを読んでいると、トウロウクラゲというらしい。

間違えてゴメン。

さて宣伝。来月号、今月?ニュートンで、擬態という特集をします。自然ものとしては大きい14P。見てね。

ついでにニュートンに、これは素晴らしい!と投書してくれるとなおいい。

ニュートン
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/08/yusuke/ichimai/2398/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
マトウダイの幼魚 < 今月の一枚 < トップ