ほんとの休暇

先月はピンチヒッターをお願いして一回お休みをさせて頂きました。

昨年のクリスマスから具合が悪くなっていた猫が3月に亡くなり、無気力というブラックホールに吸い込まれたような状態になっていたのです。このまま放っておくと、超重力に押しつぶされてしまいそうだったので、急きょ、ポーンと出かけてみました。

暖かくて、のんびりしてて、だらーんと潜れるようなところはないかしら…と、今まで行ったことのない場所で、長時間海に浸けておいてくれそうなところをネットで探しました。

行ってみたら、本当にのんびりさせてくれました。あんまりちゃんと測ってなかったけど、毎回80分近く潜ってました。水温が高いので、ぼんやり周りの眺めているだけでも、ちっとも寒くなりませんでした。まぁ、30℃の水温の中でロクハン着てれば当然かも。

目的は気分転換なので、何が見たいとか、撮りたいとかという話は二の次。やる気満々のガイドさんには、ちょっとやりがいのないゲストだったかも知れません。でも、エビカニがいたら教えてくださいね〜とお願いしておいたら、目が寄ってしまいそうなくらい小さなエビカニをたくさん探してくれました。実は、プライベートな旅先でエビカニをリクエストするのは今回が初めて。そのせいもあって、初めて見るものが多く新鮮な驚きの連続でした。

後で見返してみると、自分で撮っていたのはスズメダイとベラばっかり。なんで今回に限ってエビカニも撮っていたかと言うと、親方に頼まれていたからです。ここ数年で海水魚とウミウシの本を出版したので、今度は久しぶりにエビカニの写真を集めようと思い立ったようです。人に頼んでおいて、あまり自分で撮っている様子はないんですけどね〜。

見せて頂いたエビちゃんの中で、一番かわいいなあと思ったのは、こちらかな。

カクレエビ

エビカニ撮影って、ウミウシや魚とは一味違った難しさがありますね。目玉があるのに、目線がわからなくて。腰が曲がってるから、そこだけピンボケになりやすいし。擬態上手だから、背景に埋もれやすいし。あれ?文句ばっかり言ってる。

人気のゆきんこ帽子ガニにも初対面。これも難しいんですね。適当に撮ってたら帽子の部分しか映らない…。

ゆきんこ帽子ガニ

そんなことより、今回私を元気づけてくれたガイドさんは、「押忍!白石さん」でした。今年の4月から独立されたそうですよ。これからが楽しみですね♪

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/05/mizutani/2203/trackback

" ほんとの休暇 " へのコメント

  1. piyococo: 2012年5月9日 3:04 PM
    avatar

    ゆきんこ、写真で見ると地球外生物みたいでグロテスク。目が怖い・・・

  2. み: 2012年5月11日 6:42 PM
    avatar

    やっぱ、そうだよね? かわいくないよね?? 撮り方が悪いのかなあ。。。

水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.edit.ne.jp/˜regulus

レグルスダイビング

バックナンバー
ほんとの休暇 < 伊豆諸島・八丈島から < トップ