会長が来たっ!

先日、この豪海倶楽部でもご一緒させてもらっている川本剛志さんがカオラックに遊びに来て下さいました。

奥様と一緒に遊びに行くだけなのであんまり気を使わなくても良いよ〜、という風な感じで言っておられたのですが、川本さんは僕の所属するガイド会の会長でもある大先輩、受け入れるこちらは必死な訳でして・・・(苦笑)

でも、せっかく来て下さるからには良いところ見てもらおうと俄然張り切って待ち構えていたのですが、期日が迫って来るにつれ週間天気予報がどんどん悪化していくではないですかー!

初日は大波の中ドンブラコ!何とかシミラン諸島へ行く事が出来ました。海の中はバッチリだったのですが、それはそれは大変な道中なのでした・・・

しかも予報ではまだまだ続く大波予報・・・

ハイシーズン中にこんな事は滅多に無いのによりによって・・・

もう開き直る作戦で行くしかない!と思っていたら、なんと翌日から予報に反して徐々に海況が良くなってくれ、結果的には川本さんと一緒にアンダマン海のポイントバリエーションをくまなく潜りまくることが出来たのでした。これはダイビングの女神が川本さんか僕のどちらかに微笑んでくれたと言う事でしょう・・・(笑)

沖縄、久米島というフィールドを極めた人が他の海を潜った訳ですが、同じ熱帯域に属する海なので似ている部分も多分にある訳ですが、こっちはインド洋はアンダマン海、もちろん全然違う部分もいっぱいある訳です。

僕のちょっとした事前のブリーフィングや水中のコンタクトで即座に見どころに反応してくれ、さらに普段は僕自身があまり着目しない部分にも『ムムム・・・、これはもしや!』という感じで豊富な知識に裏打ちされたベテランガイドの眼力で沖縄の海とは違うインド洋やアンダマン海ならではの見どころにビシビシ反応され、横で見ていて僕自身が自分の海の魅力の再発見という意味でもとても興味深かったです。そしてアフターダイブも夜な夜なタイのビールを飲みつつお魚談義の話題が尽きません。現地ガイドとしてこれほど面白い事はありません!

ご滞在の間にはジンベエザメも出たのですが、最終日にどのポイントが一番面白かったですか?と話しましたが、ジンベエの話を完全に忘れてしまっていたほど充実した生態ネタのオンパレードでした。(爆笑)

写真は川本さんも反応したでっかいフリソデエビです。後ろに控えるのは普通サイズのマンジュウヒトデですから見る人が見たらこのフリソデが如何にデカイか解りますよね?

フリソデエビ

他の海でガイドしている人に自分の海に来てもらう事、そして自分がいろんな海へ出向き現地の人にガイドしてもらう事、互いに海を愛する者同士の情熱やプライドがぶつかり合う事の大切さを再認識した日々でした。

雄輔さんも是非、タイの海に来て下さいね。そして一緒に潜る僕は一杯勉強させてもらうのです・・・(笑)

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/02/omura/2086/trackback

" 会長が来たっ! " へのコメント

  1. ゆうすけ: 2012年2月1日 2:07 PM
    avatar

    あんがとう〜〜いくよ〜誰かいっしょのがいいな〜ソレニシテモ、デカイ!インド洋には、とてつもなくでかい個体がいるのだ。スリランカにツバメウオのようなチョウチョウウオがいた!とかいっても誰も信用してくれないけど。巨大ハタとか俺がびっくりする奴って,インド洋がおおいんだよね。伊豆にも来てね!よこちゃんや八木ちゃんもいるし。

大村
大村 健(おおむら・たけし)

1973年、京都生まれ
ガイド会所属

18歳で大学のクラブでダイビングを始め、その後、バックパックを背負って海を潜り歩く旅を経て、20歳の頃に秘境・タオ島に出会う。以後、徐々に発展してきた島とともにダイビングにのめり込んで今に至る。現在、タイの2つの海を舞台に、海のポテンシャルをフルに引き出すべく精力的に潜り倒す日々を送っている。

タイ・タオ島 カオラック
Big Blue Diving

www.bigbluediving.jp
take40mura.blog17.fc2.com

タオ島店
17/18 Moo 1, Koh Tao,
Suratthani 84280, Thailand
Phone : 66-77-456 179
Fax : 66-77-456 772

Big Blue Diving Tao

カオラック店
57/7 Moo 7, Khuk Khak Takua Pa,
Phang-Nga 82190, Thailand
Phone : 66-76-486 773
Fax : 66-76-486 774

Big Blue Diving Khaolak

バックナンバー
会長が来たっ! < タイの海から < トップ