パラオオウムガイ

いよいよシーズンに入って全体に賑やかな雰囲気になっているパラオです。ブルーコーナーなどメジャーなポイントは日中は各ショップからのダイビングボートで混雑することもしばしばです。僕は繁忙期でもあり、そしてまたクルーズに乗りっぱなしなので1週間のうち陸に戻るのは半日だけという「ほぼ船員さん」状態が続いています。なのでたまにこの豪海の原稿をすっ飛ばしてしまうこともありますが、どうかご容赦をいただきたいと思います。ごめんなさい。

さて、最近僕らがハマっているのがこのパラオオウムガイ。

通常水深300〜500mに住むと言われているこのオウムガイですが、夜間は水深100m前後に上がってくるのだとか。その水深に母船からトラップを下ろして一晩待ちます。翌朝引き上げてトラップから開放してあげ一緒にダイビングをしながら観察をします。捕獲率は月の出ている時よりも新月のほうが上がるようで、大体1回のトラップで3〜10匹程度が捕獲できます。横に泳ぐのはゆっくりなオウムガイですが、潜降のスピードはなかなかのもの。目を離すとあっという間に深みに降りていってしまいます。もちろん観察をした後はリリースして海に戻してあげます。硬いカラで守られているオウムガイたちが次々に深海へ戻る姿を見ていると思わず一緒に行ってしまいたくなる衝動を覚えます。

さて、そんなわけで、今日はこれからゲスト乗船。明朝出帆です。今回もまたパラオオウムガイたちに会えると思います。パラオに来ているダイバーの人たちでもこれを生で見ている人は意外に少ないだろうなー。それでは、また来月!

パラオオウムガイ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/02/akino/2061/trackback

" パラオオウムガイ " へのコメント

  1. ゆうすけ2012年4月1日 10:44 AM
    avatar

    いや〜ひきあげる大変さをおもいだします。なるべく深くで撮ると、うでがでてきていいのだが、禁句か、、

秋野
秋野 大

1970年10月22日生まれ
伊豆大島出身
ガイド会所属

カメラ好きで写真を撮るのはもっと好き。でもその写真を整理するのは大キライ。「データ」が大好物でいろんなコトをすぐに分析したがる「分析フェチ」。ブダイ以外の魚はだいたいイケルが、とりわけ3cm以下の魚には激しい興奮を示し、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じるらしい。日本酒より焼酎。肉より魚。果物は嫌い。苦手なのは甘い物。

ミクロネシア・パラオ
DayDream PALAU

P.O.Box 10046 Koror Palau 96940
Tel:680-488-3551
Fax:680-488-2199

daydream-dive.com

DayDream PALAU

バックナンバー
パラオオウムガイ < パラオの海から < トップ