大きな買い物

節電に協力するなどという、えらそうな発想でなく、東京電力にむかつくので節電しなきゃ〜原発1個でも少ないほうがいいし。だが、もともとケチで、我が家はそれなりに節電しているタイプ。クーラーもあんまり使わんし。ストーブよりコタツだし。

ま〜蛍光灯→LEDぐらいか。みんなが節電に努力で、売れる量が増えたせいか、あっというまに、前に買ったときよりめちゃ安くなっていた。全員がLEDにしたら原発何個へるとか、データでないかね。

350ルーメンなんて700円割れ。電気代計算シュミレーターで計算するとこれはすぐにあうのだから、家2戸分で数十個買った。キャンピングカーではLED常識だけど、高いから少しずつ切れたとこから代えてたけど、今回まとめてやりました。

次に大きな買い物は、車。9年経ったパジュロから、プリウスへ。どいつもこいつも、プリウスか〜なんて非難めいた感じでいたのに。

まじで計算すると、東京→伊豆が、6L 1000円以下って、偉くね〜!!

パジュロの3倍以上の燃費。4倍かも。

キャンピングカーがあるから、足車は極力金かかんね=方がいいということで選んでいくと、プリウスになった。

というわけで、選択の理由からも1番安い奴を選ぶと、なんやかや要らないものが付いてないので、シンプルでとてもいい。

空力も装備も、とにかく燃費がよけりゃいいと作られた車なので、目的はひとつなわけで、その割り切りがいっそいさぎよいし、デザイン的にも、外観も内装もシンプルだ。

飾りは元々好きな方ではない。何か目的のはっきりした機械ってキレイだ。日本製のものって、ちょっと飾りすぎってものが多いので、画面整理が職業の僕的には合わないものも多い。

それをねらっての無印良品なんだけど、無印良品ってブランドものみたいに高い。そこいくと、プリウスは安い所が偉い。もののわりに安いという印象だ。

さてプリウスには、プリウスマニアというサイトがあって、燃費追求に命をかけた猛者達が色々話している。日常的にエコラン競争をしていて、僕はついていけないが、燃費何キロでました=とかすごい世界だ。昔は時速何キロでました^だったんだけど。

車好きの僕は、つまんねー車ばかりのトヨタってあたまがあった、アンチトヨタ(1番でかいし)。でもさ、ハイブリッドつくったのは偉い。スティーブジョブスに負けないイノベーションだ。もう15年も前にできてんだもんね。

自然にかかわるカメラマンはエコじゃなきゃね〜〜〜なんて死んでもいわないし、いえないけど、ガソリン食わないのはありがたいし、なにより作った人達を尊敬できる。

年甲斐もなく、きゃ〜^電気だけで走ってる!

なんてもりあがるが、今や電気自動車も僕らが買える値段で売ってる。5年前には想像さえできなかった。技術の進歩は本当にすごい。

人間はなかなか進歩しないけど。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2012/01/yusuke/essay/2027/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
大きな買い物 < ゆうすけ的エッセイ < トップ