これぞタオ島のジンベエだ!

今シーズンも残すところ後わずかというタイミングでジンベエザメが頻出し始めた!シルバーウィークのまっただ中にも出てくれたのでたくさんの日本人ゲストが憧れのジンベエに遭う事ができた。もともと魚影がとても濃いタオ島の海ならでは、いろんな群れに突っ込むジンベエを見たり撮ったりできてゲストも大喜び!

この写真はちょっとジンベエまでの距離が遠くて小さくしか写っていないのだけど、いったいどんなところを泳いでいるかが分かり易いのでちょっと状況を解説してみよう。

ジンベエザメ

手前にユメウメイロ、下から右にかけてキンセンフエダイ、左奥にはホソヒラアジ、左上奥にはオニアジ、その上にシェベロンバラクーダ、そしてジンベエの周りにはギンガメアジと、いろいろな群れの境界線となる場所をジンベエが通過した時のショット。この写真に写っているのはそれぞれの群れの端っこで、実際には画角の外にはそれぞれの魚がもっとたくさんの数で広がっているのだが、その全ては魚眼レンズでも入りきらない。

この時の動画はこちら(下の画像をクリック)

泳ぎながらメインカメラであるイチデジの設定をいじりながらサブカメラのコンデジで撮ったものなのでブレや画質のクオリティーはご容赦を・・・

いろんな群れとジンベエ

解説すると、水面近くを泳いでいたジンベエが深度を落とし始めると、まず、ユメウメイロが一緒に降下する。次に中層を泳いでいたシェベロンバラクーダの群れがジンベエについて行こうとする。オニアジの群れはジンベエを避けながら迂回する様に流れ続ける。周囲に集まって来るギンガメアジを振り切りキンセンフエダイやホソヒラアジの群れに突っ込んだジンベエがターンして群れの中から飛び出す。最後にギンガメアジが集まって来てまとわりつきながら一緒に泳いで行く・・・

ジンベエザメの泳ぐコースを読んで先回りしておき、何かの群れに紛れて待ち伏せし、ジンベエが十分に近づくまで気配を殺して待つ、そして満を持して激写っ!

まだもう少し続きそうな雰囲気。シーズンの終わりが近づきゲストが減って来るのでまた自分で撮影するチャンスも出てくるかな〜!?

でも、もうすぐカオラックのシーズンが始まるのでもうすぐタオ島を離れなければいけない。う〜ん、いつもながら後ろ髪を引かれる思いもがめちゃめちゃあるが、でも同時にカオラックのシーズンがめちゃめちゃ楽しみでもあり悩ましい・・・

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/10/omura/1877/trackback
大村
大村 健(おおむら・たけし)

1973年、京都生まれ
ガイド会所属

18歳で大学のクラブでダイビングを始め、その後、バックパックを背負って海を潜り歩く旅を経て、20歳の頃に秘境・タオ島に出会う。以後、徐々に発展してきた島とともにダイビングにのめり込んで今に至る。現在、タイの2つの海を舞台に、海のポテンシャルをフルに引き出すべく精力的に潜り倒す日々を送っている。

タイ・タオ島 カオラック
Big Blue Diving

www.bigbluediving.jp
take40mura.blog17.fc2.com

タオ島店
17/18 Moo 1, Koh Tao,
Suratthani 84280, Thailand
Phone : 66-77-456 179
Fax : 66-77-456 772

Big Blue Diving Tao

カオラック店
57/7 Moo 7, Khuk Khak Takua Pa,
Phang-Nga 82190, Thailand
Phone : 66-76-486 773
Fax : 66-76-486 774

Big Blue Diving Khaolak

バックナンバー
これぞタオ島のジンベエだ! < タイの海から < トップ