ガラス工房

夕焼〜け小焼け〜のアカトンボ〜♪
おわれ〜てみたの〜は〜何時の〜日〜か〜♫。。。

最近アカトンボの姿をよく見るようになりました。

秋ですね〜!!!

と言いたいところですが台風が串本へ向かってます。。。

そんな中、今時期見れているガラスハゼの産卵をご紹介します。

この種はカラマツ類やヤギ類にペアで棲んでいる事が多く、串本ではムチカラマツやムチヤギでよく見る普通種です。写真はムチカラマツに産卵をしているシーンですが、黒くなっている場所はガラスハゼが強制的にポリプをはがし幹をむき出しにした産卵床を作り、透明な体から白い卵管を出し、ビー玉のようなスケスケの丸い卵を次々産んでいきます。

台風に負けずスクスク育つ事を祈ってます!!

がんばろう日本!!

ガラスハゼの産卵
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/09/nsc/1817/trackback
上田
上田 直史

1981年12月20日生まれ
福岡県田川市出身
ガイド会所属

海から程遠い福岡の盆地で生まれ海への憧れが強く学生時代に日本海でライセンスを取得。

その後和歌山へ移り串本の海に魅せられ住民票を移してしまった窒素吸収男児。

和歌山・串本
南紀シーマンズクラブ

〒649-3503
和歌山県東牟婁郡串本町串本630
TEL:0735-62-1258
FAX:0735-62-6256

www.aikis.or.jp/~nsc-2007

南紀シーマンズクラブ

大きな地図で見る

バックナンバー
ガラス工房 < 和歌山・串本から < トップ