環境倫理シンポジウム「自然を愛する」とはどういうことか”のご案内

屋久島は北太平洋最大のアカウミガメの産卵地だと言われている。

毎年5月上旬から7月下旬にかけて屋久島の各砂浜でのべ1000頭を超えるアカウミガメの産卵が観察される。

屋久島ではこのアカウミガメ(及びアオウミガメ)の産卵行動とその卵は人間の手によって”特別に”手厚く保護され、守られている。

今年は7月下旬に近海を通過した台風6号により、島内各所の砂浜が浸食され、一緒にウミガメの卵が大流出した。

この時も即座に流失情報が流され、うみがめ館、永田ウミガメ連絡協議会、環境省、屋久島町役場、屋久島観光協会から30名の人が集まり、その流出した卵の人工的な回収作業が行われた。

そう、ウミガメだけは特別なのだ。

他の海の生き物はともかく、ウミガメだけは多くの人間、多くの機関が関心を持ち、”特別に”手厚く保護されている。

山への関心が圧倒的に高く、海への関心が比較的薄い屋久島にあっても、ウミガメだけは特別な存在らしい。。。(^^;)

環境倫理シンポジウム「自然を愛する」とはどういうことか<

【日時】 2011年9月17日(土) 13:00〜18:00
【場所】 大阪府立大学・学術交流会館 定員200名 入場無料
【講師】 森岡正博 瀬戸口明久 福永真弓

【概要】
自然や生命に関する議論は、感情論に流されやすく、意見対立の原因となります。
冷静な視点で、「自然を愛する」ということを考えてみませんか。

このような話題が出たらどう答えますか。
・シカ、サルは害獣として駆除すべきか、保護されるべきか。
・人も動物もいのちの価値は同じではないか。
・クジラは食べよう、希少なジュゴンは守ろう!
・人の役に立たないゴキブリやカは根絶させよう!

【申込み・問合せ】
当日に会場に来ていただければ自由に参加できます。
座席や当日に無料配布する資料は数に限りがありますので、座席と資料を確実に確保したい方は、事前に下記Eメール宛で参加者の名前をお知らせください。
先着200名まで確保します。問い合わせは、Eメールまたは電話でどうぞ。
Eメール karin@nature.or.jp
電話 大阪自然環境保全協会 06-6242-8720

【詳細情報:PDF

なお、参加できないという方も含め、事前アンケートにお答えいただくとこの企画に参加することができ、アンケートの回答をまとめた冊子を無料で郵送させていただきますので、本文末のアンケートにもぜひお答えください、(回答期限9月5日)との事。

この事前アンケートがとても考えさせられるものだったので、ここで紹介したい。

(質問1)
「貴重な自然」を守ろう、という言い方がありますが、このような場合あなたはどのような自然をイメージしますか。その理由も含めてお答えください。

(質問2)
「貴重な自然」ではなく「ありふれた自然」であったとしても人は自然を愛する場合があります。あなたにとって愛する自然、もしくは大切に思う自然とはどのようなものでしょうか。これは質問1で答える「貴重な自然」と同じものでもかまいません。その理由(体験談など)も含めてお答えください。

(質問3)
自然保護の現場では、外来種の駆除など動物の殺処分がしばしば求められています。しかし、実験動物などと異なって、どのような生物・方法・状況なら殺してよいのかに関する統一的な倫理規定がありません。自然保護という理由が掲げられる場合、私たちはどのような生物・方法・状況に対して殺処分を認めるべきでしょうか。

(質問4)
自然の中には、人にとって不要であると一般に考えられている生物がいます。例えば、ゴキブリ、カ、ハエ、強害雑草、病原菌などがそうです。もしもこれら生物が絶滅の危機に瀕している場合、我々はこれを保護すべきでしょうか。それとも絶滅にまかせるべきでしょうか。

アンケートのダウンロードはこちら

屋久島のアカウミガメ
屋久島のアカウミガメ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/09/harazaki/1826/trackback
原崎
原崎 森(しげる)

1970年8月26日生まれ
山梨県出身

八丈島から屋久島へ。。。

巨木と苔の深〜い森を抱える島で、あえて海に潜る。

鹿児島県・屋久島
屋久島ダイビングサービス もりとうみ

〒891-4205
鹿児島県熊毛郡屋久島町
宮之浦2473-294
Tel:0997-49-1260

http://mori-umi.net/
http://harazaki.net/

携帯サイト【QRコード】
QRコード

屋久島ダイビングサービス もりとうみ

バックナンバー
環境倫理シンポジウム「自然を愛する」とはどういうことか”のご案内 < 鹿児島・屋久島から < トップ