青海島 第2弾

先月号で出した、オオタルマワシ。卵つきでわからない。

残念だった。そして10日ほどいたここも、いよいよ移動というその日の午前中は,期待の浮遊物はなく、あーダメかーと思った。

そして最終ダイブ、笹川さんに、オオタルマワシだせー!
見つけろー!と無理お難題をふっかけたのである。

ダイビングも最終段階になったころ、笹川氏のいつも以上にすばやい動きに確信!そうです、最終ダイブの最終場面で登場!

なんという引きの強い私! 天才か〜〜! 天災か==

それがこれ。

オオタルマワシ

エイリアンのモデルになったというより、そのままじゃん。上にむかう腕?はサルパをさして押さえてる感じ。尾の部分をエビのようにして、かなり早く泳ぐのであった。けっこう撮りにくいよ。

正面 赤い部分はなんだろう?なんかの感覚器かな?
目は多分もう少し下の黒い奴かな・・・。

オオタルマワシ

そして、宇宙船を操るイメージの写真がこれ。なんかすごいやつ。実際かなり速い。

オオタルマワシ

もともとダイビングなんて,宇宙旅行みたいなもんだけど、こいつら見てると心は完全に、SF的空間にはいりこんでしまう。1年ぐらいはいりこんだらもう,社会にかえってこれないなー

とまだまだ青海島では、戦果があったが、眠いのでこのへんで・・・。

我々が去った後、浮遊形はとんと出なくなったそうである。

いやー九州にコウジさんと向かいつつ、まさか、大量に出てないだろうな=と二人でシーアゲインのHPをチェックしていたのである。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/07/yusuke/ichimai/1708/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
青海島 第2弾 < 今月の一枚 < トップ