フォーカシングライト

今回は梅雨ということもあり、透明度も悪かったり、暗かったりで老眼のじじいは大変だった。1cmないような浮遊形の奴にピントを合わせるのはも〜〜無理==とかいいつつ、がんばってみました。ポジじゃー無理だったな。

そこで、本日、イノンの井上君と話して、フォーカシングライトの強化策を決定。

LE550-Wを,1台に2本使うことにしたのだ。

LE550-Wを2本

こりゃー強力。。生き物には、迷惑そうだが、、買う部品これと。

ダブルホルダー

下の部品が、Zジョイントという部品(HPで写真はでてないようだ)

一見似てるけど、今まで使ってたこれ、シングルライトホルダーLEの下の部分は使えないのだそうで、悲しい。

シングルライトホルダー

おまけに1台に2本のLEライトを使うと、水中重量の増加はバカにならんので、こいつも買ってみた。メガフロートアーム。

メガフロートアーム

どうも井上君の陰謀にひっかかったようだ。

まだシルバーでは無いけど、シルバー割引欲しいな。航空会社も映画館も、世の中シルバーは、優遇されている。

これで、ピント外したら、問題だな==

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/07/yusuke/essay/1711/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
フォーカシングライト < ゆうすけ的エッセイ < トップ