イクメン観察 その1

八丈島には、八重根という南西側を向いたポイントがあって、沖合いに大きなアーチがあり、その手前にクマノミの群生があるのが特徴です。その群生地では、もうずいぶん前からクマノミの産卵が盛んです。そこで、いろんな色の卵を見ているうちに、ふと目の前のキンセンイシモチたちも、卵を育てていることに気がつきました。それがまた、妙に多くて、あれ? キンセンイシモチの口内保育って、こんなに見やすかったっけ? と思ったのです。

私のイメージでは、いつも穴の中にいて、見ることはできても写真は撮れなさそうな雰囲気だったのですが、その日のキンセンたちは、クマノミと一緒になってイソギンチャクの上に出てきそうな感じ。撮りやすそうだったので、クマノミそっちのけで、キンセンを追いかけてきました。

オスは、ほとんど皆さん、おたふく顔。カメラを向けると、逃げるどころか「うちの子、撮って!!」状態で、競い合って前に出てきます。特に強力に自己アピールしていたお父さんの卵は、発育ナンバーワン。うわー、きっと今夜あたりハッチアウトするのでは・・・。

キンセンイシモチの口内保育

しかし、残念なことに、その日の夜にもう一度八重根に潜る時間はありませんでした。

日を改めて行ってみると、どうもハッチアウト済み。他のオスたちは、まだハッチアウトしそうな状態ではありませんでした。

ちょっと残念でしたが、よく見ると、イソギンチャクの上では、やたらと二人でビッタリ寄り添っている夫婦が一組。メスのお腹は卵で膨らんでぽっこり。そして、連れのオスの動きをさえぎるかのように、オスの顔の前へ、前へと出ていくので、二人でくるくる回転してしまっています。他のキンセンが近寄ろうとすると、パンパンッ!っとはじけ飛んで追い払います。もう、ほとんどオスは捕らわれの身ですね。でも、メスの横で、健気に卵を受け取る練習をしているようでした。

おー、これは、産卵するのでは!?と、しばらく、ずーっと見守っていました。

ずーっと、ずーっと、二人はくるくる回転し…

気がついたら、一時間。この場所、水深が17m。ダイコン見たら減圧が付きそうになってるわ、エアーは少なくなってるわ。やむなく、産卵確認できず、帰ってしまいました。

その後、吹き続く南西の風と、台風5号の影響で八重根は大シケ。キンセンたちが、今頃どうなっちゃっているのか、わかりません。

そこで、八重根で観察しようと思うからいけないのだ!と考えを改め、底土でイシモチ関係者がいないか探しに行くことにしました。

最初に見つけたのは、すごい沖合い。

ハッチアウトに、あと1週間くらいかかりそうな感じでしょうか?

あまり沖合いだとエアーが心配になりますし、深いと長時間居座っていられません。これは、毎日通えそうにありません。

できるだけ手前の浅いところで、とずいぶん探し回りました。さんざん探し回ったところで、見つけました!

エントリー口のすぐそばですし、水深は3m。2時間くらい見ていても大丈夫そうです。

ここから、私のイクメン観察が、始まったのでした。

もうしばらく底土がシケたりしませんように。

続きは、また来月! お楽しみに〜。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/07/mizutani/1686/trackback
水谷
水谷 知世

昭和40年代生まれ
兵庫県出身

一見、負けず嫌いで男勝りというイメージだが、実は繊細な女性らしい一面を持つ、頭の回転はレグルス一番!!の頼もしい存在である。(レグルス親方・談)

伊豆諸島・八丈島
レグルスダイビング

〒100-1511
東京都八丈町三根1364-1
Tel/Fax:04996-2-3539

www.edit.ne.jp/˜regulus

レグルスダイビング

バックナンバー
イクメン観察 その1 < 伊豆諸島・八丈島から < トップ