ちょっとひと休み・・・、そして被災地へ

先月はカオラックのハイシーズンからそのままゴールデンウィークのタオ島へと突入した話を書いたが、その後もう一度カオラックへ戻ってシーズンの締めの作業とちゃんとした引っ越しをししてきた。

タイという1つの国に太平洋とインド洋の2つの海があり、それぞれのシーズンがちょうど逆転している事と両方に陣取っている事はとても恵まれた環境なのだが、半年に一度の締め&引っ越しだけは大変だ・・・。

さて、無事に引っ越しも終わり、ホッと一息つける時期がやって来た。仕事がらシーズン中はロクに休めない分、毎年一度この時期にスタッフ交代で休みを取り心身ともにリフレッシュするのだ。

今年のオフは日本に帰国して、北海道(札幌〜知床〜釧路)の食い倒れ旅行と、地元の京都で数日のんびり過ごし、そして被災地の岩手にボランティアダイビングをしに行くという過ごし方だ。

ちょうど昨日、北海道から京都に帰って来たところで数日後に岩手に行く。ちなみに何で岩手かと言うと、ビッグブルーのスタッフのくまちゃんが地元岩手で漁協と協力しながら漁港やビーチの水中清掃活動のボランティアをやっているのでその応援に行くのだ。(くまちゃんの活動はこちら

さて、今回の記事は帰国直前に撮ったタオ島の海の様子をご紹介しよう。

タイでは4月の中旬に気温が一番高くなり、少し遅れて水温も上昇する。例年のこの時期は水温が高くなりすぎてトウアカクマノミが産卵しなくなるのだが、今年は水温があまり高くならなかったおかげでトウアカクマノミが産卵しまくっている状態が続いている。

トウアカクマノミの卵

ビッグブルーのショップの前のビーチに50ほどあるイソギンチャクに200匹以上のトウアカクマノミがいて、バラバラの周期で産卵〜孵化を繰り返す。

長年の定点観測の経験から何時何分にハッチアウトするかを正確に言い当てられるので、かなり簡単にゲストにお見せする事ができる。

今年のゴールデンウィーク中はほぼ毎日どこかのコロニーでハッチアウトがあったので、たくさんのゲストが生命誕生シーンを見守ると言う感動体験ができたのだった。

トウアカクマノミのハッチアウト

日本滞在も折り返し地点を通過した。数日後には被災地に行って頑張るのだ!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/06/omura/1629/trackback
大村
大村 健(おおむら・たけし)

1973年、京都生まれ
ガイド会所属

18歳で大学のクラブでダイビングを始め、その後、バックパックを背負って海を潜り歩く旅を経て、20歳の頃に秘境・タオ島に出会う。以後、徐々に発展してきた島とともにダイビングにのめり込んで今に至る。現在、タイの2つの海を舞台に、海のポテンシャルをフルに引き出すべく精力的に潜り倒す日々を送っている。

タイ・タオ島 カオラック
Big Blue Diving

www.bigbluediving.jp
take40mura.blog17.fc2.com

タオ島店
17/18 Moo 1, Koh Tao,
Suratthani 84280, Thailand
Phone : 66-77-456 179
Fax : 66-77-456 772

Big Blue Diving Tao

カオラック店
57/7 Moo 7, Khuk Khak Takua Pa,
Phang-Nga 82190, Thailand
Phone : 66-76-486 773
Fax : 66-76-486 774

Big Blue Diving Khaolak

バックナンバー
ちょっとひと休み・・・、そして被災地へ < タイの海から < トップ