がんばろう!東北

近頃ビーチでハナオコゼの姿をよく見ます。この魚、水面を漂う海藻などを棲家にし表層生活を送っています。そんな棲家を流れ藻といい、ハナオコゼにとってとても過ごしやすい環境です。流れ藻の中に隠れていれば外敵に襲われる確率も低く、おまけに餌となる小魚たちも棲家を求めて流れ藻に集まってきます。そんなハナオコゼも棲家の流れ藻がビーチに流れ着いてしまえばどうしようもありません。。。

しかし、この環境がハナオコゼの出会いの場となり、繁殖するためには必要なことなんです。今回の個体のように旅先で繁殖期を待つタイプもいれば、産まれた海を離れず地域密着型で子孫を繁栄するタイプがいると言われています。

流れ藻が打ち上げられた為?着底していたり、水面を彷徨っていました!!

buy cigarettes

イメージはダンゴウオです。。。笑

ハナオコゼ

アクビ〜!!

水面〜!!

流離者の寅さんのような生き様をしている、トラ柄のハナオコゼに注目です!!

今後、ハナオコゼの産卵行動、サンゴの産卵やアカテガニのハッチアウトなどなど魅力満載ですので、ビールを我慢して夜遊びするのも楽しいですよ〜!!!!

zp8497586rq
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/06/nsc/1591/trackback
上田
上田 直史

1981年12月20日生まれ
福岡県田川市出身
ガイド会所属

海から程遠い福岡の盆地で生まれ海への憧れが強く学生時代に日本海でライセンスを取得。

その後和歌山へ移り串本の海に魅せられ住民票を移してしまった窒素吸収男児。

和歌山・串本
南紀シーマンズクラブ

〒649-3503
和歌山県東牟婁郡串本町串本630
TEL:0735-62-1258
FAX:0735-62-6256

www.aikis.or.jp/~nsc-2007

南紀シーマンズクラブ

大きな地図で見る

バックナンバー
がんばろう!東北 < 和歌山・串本から < トップ