フレックススキャン 24インチ

今年は年始からツキが無い。正月開けから伊豆の我が家の暖炉の煙突のカバーが外れだして、これが飛ぶと、雨が降ったら暖炉の中に水が入る状態で、高さがあってとても自分で手を出せる状態じゃないし。

伊豆から帰った明くる朝、車のタイヤがぺしゃんこ。釘を拾ってパンクである。何十年ぶりだ。スペアに換えてオートバックスに行くと、責任が持てないのだろう。ここまでくると、交換したほうがいい、と。

換えたばっかり、2ヶ月で新品タイヤがおしゃか、高速のバーストが怖いし一金24,000円。シクシク、俺が何したってんだ! 地道に,正しく生きてるだけなのに==

東京に戻って、PCを立ち上げるとモニターに信号が来ない。

しょうがないので、新しいモニターを注文したら、確認したはずのモニターとPCを繋ぐアダプターが不安定なだけだとわかった。

で、来たモニターがこれ。友人のプロに決めてもらった奴。フレックススキャン 24インチ

フレックススキャン 24インチとマックのモニター

このIPSパネルというのが優れもんで、1クラス上のカラーエッジシリーズ20万以上のものと同じだそうだ。

Adobe RGBも98%って、実質カバーといっていいモニターが85,000円で買える時代なんだね。この値段なら、アマチュアの人にも高いとはいえ薦められる値段だね。20万以上する奴は自動でキャリブレーションする機能もあるけど、パネルは同じ。彼が言うには、このモニター色の狂いも少ないので、これで十分とのことである。こんなの少し前なら50万じゃん。このモニターくるっと廻して、縦にできるので縦カットも大きく見えるのもいい。

で、マックのモニターはセカンドモニターにした。右のモニターの上にのるのはマイク&TVカメラ、スカイプ用である。これでテレビ電話してると、自分の顔がどう映るかが、モニターに出るんだけど、人相が悪いかも・・・カメラの解像度が悪いせいである。

ゴウカイのみんなで、スカイプのインターネット会議でもするか? 話さなきゃいけない程の内容があるかどうかだけど・・・

除夜の鐘は108つの煩悩を、聞いたばかりなのだが・・・

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/02/yusuke/essay/1189/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
フレックススキャン 24インチ < ゆうすけ的エッセイ < トップ