ゆっくり休んでね

サンゴの白化を受けて、シミラン諸島の一部のダイブサイトがクローズすることになったのだが、いつもの事ながら一部のメディアは大げさに報道してくれる。あたかも全てのポイントが閉鎖されるかの如く書かれたものもあったが、実際には2カ所のダイブサイトと1カ所のスノーケルポイントのみ閉鎖され、それ以外のポイントはこれまで通り普通に潜る事ができる。

シミランでも特に好きだった『イーストオブエデン』が閉鎖する。しばらく潜れない苦なると思うと悲しいけれど、弱っているサンゴたちにできるだけストレスを与えないようダイバーが入らないことには賛成だ。ゆっくり休んでもらい、近い将来また元気な姿を見せてくれる事を祈っている。

浅い場所ほど水温が高くなったので浅瀬のハードコーラルのダメージが大きかったが、少し深くいくと元気なソフトコーラルは健在だし、アンダマン海ならではの固有種たち、魚影の濃さ、巨岩がおりなすダイナミックな地形、そしてオニイトマキエイなどの大物と、この海にはまだまだ見どころは満載だ。

写真はリチェリューロックのレッドサドルバックアネモネフィッシュ(通称:トマトクマノミ)。イソギンチャクの周辺はびっしりと元気なソフトコーラルが群生している。

レッドサドルバックアネモネフィッシュ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/02/omura/1217/trackback
大村
大村 健(おおむら・たけし)

1973年、京都生まれ
ガイド会所属

18歳で大学のクラブでダイビングを始め、その後、バックパックを背負って海を潜り歩く旅を経て、20歳の頃に秘境・タオ島に出会う。以後、徐々に発展してきた島とともにダイビングにのめり込んで今に至る。現在、タイの2つの海を舞台に、海のポテンシャルをフルに引き出すべく精力的に潜り倒す日々を送っている。

タイ・タオ島 カオラック
Big Blue Diving

www.bigbluediving.jp
take40mura.blog17.fc2.com

タオ島店
17/18 Moo 1, Koh Tao,
Suratthani 84280, Thailand
Phone : 66-77-456 179
Fax : 66-77-456 772

Big Blue Diving Tao

カオラック店
57/7 Moo 7, Khuk Khak Takua Pa,
Phang-Nga 82190, Thailand
Phone : 66-76-486 773
Fax : 66-76-486 774

Big Blue Diving Khaolak

バックナンバー
ゆっくり休んでね < タイの海から < トップ