ミステリースポット@セブシティー

いやはや早いもので、今年も残り10ヶ月少々となってしまいましたが、みなさまご機嫌いかがでしょうか?

どうやら話に聞くところ、今年の冬は超ゲキ寒とかなんとか!?お風邪などひかぬようお気を付け下さいませ。。。ちなみにオレは相変わらずのんびりウヘラウヘラと過ごしております。

ところで話は変わりますが、先日所用にて「セブシティー」へ行ってまいりました。なにっ?リロアンだって「セブ」だろって?そりゃあんた、そうだけど、同じ島なだけで「シティー」に出るには車で3時間半以上走らなきゃなんないんだから!!!それにあっちは“大都会”こっちは“超漁村”なもんだから町に出るとなれば、それ相応の気合ってものが必要となる訳で・・・。ま、そんなこんなで“大都会セブシティー”に繰り出したのです。

で、まずは買い物だわなっ!!!巨大ショッピング・センターやらローカル・マーケットやら問屋街などを通常一回りするのですが、オレはその辺のことは全くタッチしていないので、あくまでもプライベートなお買い物!?とは言え、スーパーマーケットには立ち寄る訳で・・・。

しかし、そんな超一般的なフィリピン人が買い物をするスーパーにおける“いわゆる鮮魚コーナー”で見かける魚たちは非常に興味深いものがあるのです。

例えば、体側に並ぶ斑紋からは同定しきれない「巨大なアカタチの成魚(体長1メートル以上)」や、ブツ切りにされ無造作に積まれている「アカマンボウ」や、明るいライトに照らされてガビガビに干からびつつもキラキラと光輝く「ギンカガミ」などなど・・・、そうマニアにとって垂涎の的と言っても良いほどの「ミステリー・スポット」と化しているのです!!!

そんな中でも今回特にビックラこいたのが、中層深海から引き上げられた影響なのか、ポンポコリンに膨れ上がりつつ大型プラスティックのケースの中に数匹転がっていた「フウリュウウオの仲間(アカグツ科)」と思われるヤツラ!!!これには「カメラ持って来れば良かった!!!」とマジで思ったほどである。。。

と言うことで、ぜひ皆さんもいつもと違う食文化圏に行った時は、その地の「鮮魚コーナー」に立ち寄ることをお勧めいたします。もちろん、カメラも忘れずにっ!!!

ボロサクラダイ

そんなこんなで、今月の画像は若干グロいですが・・・、近所の漁師が魚を売り来た際、カゴの中に混ざっていたハナダイの仲間と思われるヤツ!!!思わず写真に撮って後で同定してみたら、どうやら「ボロサクラダイ(Holanthias rhodopeplus)」のようである。

へぇ〜そんなのいるんだねぇ・・・、ところでアンタ、そんなのどこで捕って来たの?と聞くとニヤニヤしながら「そこ」と指差した。オイオイ、ウチの前かよっ!?!?!?!?

と言うことで、また来月。。。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2011/02/igarashi/1206/trackback
五十嵐
五十嵐“Garuda”一規

1968年11月29日生まれ
横浜市出身
射手座 申年 RH+O型
ガイド会所属

バンドマン、大道具、そしてダイバーへと転身した変わり種。昆虫・プロレス・甘い物が大好きな現役ハードコア・パンクスだが、バーボン片手にロックを聞きながら毎夜繰り広げられる魚談義はいたってマジメとの噂・・・。秘密結社「赤い魚団」代表。

フィリピン・セブ島 リロアン
VILLA TROPICAL PARADISE

Lower Lo-oc, Santander 6026, Cebu Philippines
Tel/Fax:+63-(0)32-480-9035

villa-tropara.com
blog.goo.ne.jp/1wgp-liloan

VILLA TROPICAL PARADISE

バックナンバー
ミステリースポット@セブシティー < セブ島 リロアンの海から < トップ