アオウミガメ

マレーシア・シパダン島では,亀は手厚く保護されていて人を怖れない。

スローモーションのように、のんびり泳ぐアオウミガメがダイバーの上にさしかかると、排気の泡がキラキラと輝いた。

自然の風景ではないが、こんな写真もたまにはいいな〜と思い、ゆっくりとシャッターを押した。

カレンダー「海の時間」より・・・

なんて宣伝です。今年も売れ行き好調?で、あと500部で売れ切れだそうな。

ま、めでたし めでたし。来年は小型カレンダーのプレゼンもしてて、うまくいくといいのだが。

いや〜早いね。もう締め切り・・・

ってことは,1ヶ月経ったわけで、何してたっけ? 相も変わらず瀬能と幼魚図鑑の仕事。たいして仕事も遊びもした記憶がないのだが、あれまーーって感じで1ヶ月。

今思い出したが、ヒトスジギンポの子供の本のストーリー作ったじゃん。今月やったことも忘れてる僕って、アルツかもしれない。

冗談じゃないかもだから、怖い・・・今日この頃です。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/12/yusuke/ichimai/785/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
アオウミガメ < 今月の一枚 < トップ