お掃除ロボットくん

ここにおわすは、水戸黄門様ではなくて、i ロボットのルンバ君です。

とっても働き者で、勝手に掃除をしてくれます。どこぞの誰かさんよりぜ〜んぜん、役に立ちます。原稿の締め切りを忘れるなんて、トンマもしません。

スケジュール機能で、決まった通りに勝手に働いて、勝手に基地に戻り、エネルギージュウテン!もします。

かの有名な、お掃除ロボットくんです。

実は数年前の出た時に、私としては、ぜひ欲しかったのですが、同居人が要らん!というので、やめました。先日、中村こうじ先生のお宅にただ飯を食いに行くと、さすが先輩、ルンバ君を導入しているではないですか!

ちょっと未来チックというか、SFのムードもあるので一緒に暮らしてみたかったのです。

おまけに数年前は、8万とかだったのに、ヤフーで探すと、29,000円。清水の舞台から、バックロールで飛び下りました。

さっそく箱を開け、始動!

近頃はやりの波動砲はないですが、ウイーーンという音とともに歩き回り始めます。音もそんなにうるさくない。私の嫌いな掃除機の音と違い、仕事もできます。

生物のカメラマンとしては、注意深く観察してみました。

丸い体ですが、部屋のはじっこもキレイ・・・。

椅子の足なんかの所では、周りを回転して掃除。これ、かなり頭いいです。プログラミングがいい。

10帖ほどの部屋を1時間程かけてやりますので、人間様の掃除よりキレイになります。絨毯にからまってる、犬の毛もばっちり。観察の結果、ルンバ君の働きやすい環境を作ってやれば、ホントきれいになります。

ロボットに任せられる仕事は任せ、私は人間様しかできない、より高度な仕事に励みます。ホントかいな・・・。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/12/yusuke/essay/789/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
お掃除ロボットくん < ゆうすけ的エッセイ < トップ