川のダイビング

あっ・・・・という間に9月。

早いです。

特に今年は台風の影響が殆ど無かったからか船をしまったり、店の台風対策という余計な重労働やキャンセルや旅行会社とのやり取りも少なく精神的に仕事に集中出来た事も月日を早く感じる要因なのでしょう。

こうゆうふうに書くと普段さぼってるんじゅやないか?と思われますが決してそういう事じゃないんですよ(笑

先月は1年で1番高潮になる月でマングロープへも船でスイスイ入れるのでゲストからも連日リクエストが入ってました。

生活廃水も流れていない、田んぼも無いので農薬も流れていないここ数年定番のポイントになってきたこのエリアは藻場砂地、海岸、支流の3箇所、ワイドもマクロも一度で楽しめるので一眼チームは船の上でレンズ交換しなくてはならない忙しいポイントでもあるのです。

砂地ではハゴロモハゼやオイランハゼを狙い、支流ではボルネオハゼやゴマハゼ、ワイド派はマングロープを半水面などあーだこーだ良いながら皆々水深1・5Mの場所でモクモクと写真に没頭している姿をアカショウビンの鳴き声が鳴り響く音を聞きながら水面から監視しているのです(笑

マングロープ林の中は静かで鳥のさえずりだけでなく滝の音や蝶番貝がカチーンとしまる音がコダマするんです。青々とした緑の葉は目にも優し気持ちも安らぎついつい睡魔に襲われそうになります。

海だけじゃなくたまには川のダイビングも斬新だし五感に栄養補給出来た感じでなんだかスッキリ爽快!になれますよ。皆さんも一度潜られてみては如何ですか?

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/09/sasaki/416/trackback
佐々木
佐々木 要

1970年4月9日生まれ
横浜市出身
ガイド会所属

自然が残る島を求めて西表島に移住。西表の魚達にどっぷりはまっている毎日を過ごしている。ダイビングは小物、大物、地形、サンゴとマルチでとにかくゲストが喜んでくれる事が大好き。

趣味は釣り。昨年から本格的に始めた「カツオ釣り」の仕掛けは貝を削って作ったお手製で遠出した帰りは鳥山探しに神経を集中させる。

数少ない自慢は60億円男「松坂大輔」を後輩に持つ事。

沖縄・西表島
ダイブラティーク

〒907-1542
沖縄県八重山郡竹富町字西表1499
Tel/Fax:0980-85-6218

www.lateequ.com

ダイブラティーク

バックナンバー
川のダイビング < 沖縄・西表島から < トップ