カツオノカンムリ

伊豆下田、須崎の須崎ダイビングセンターにお世話になっている。そこで神崎さんよりゴウカイ原稿の催促、、って7月1日だぜ。表紙が遅れては話にならない。毎度お世話をかけます。

川奈のヤギちゃんところで、探していたタテガミギンポを撮影できて喜んでたり、須崎の知らせで、オオクチイシナギの幼魚出現!で、撮りいったりと忙しくしてたのは、いいわけにならないけど、物忘れが激しいこの頃であるっていうか、何日とか何曜日とかの感覚が、ないからかな・・・

いろいろ撮ってるけど、時間がないのでたまたまデスクトップにおいてあった写真が、今月の1枚。四国柏島で、船の上であがってこないダイバーを待っていると、船縁をながれていくこいつを見つけた。海上では目立たないやつだが、、、よく見るとホントきれい!

名前は、カツオノカンムリ。カツオノエボシの親戚、クラゲの仲間である。さされると痛くて、カユイと漁師はいっていた。水面に浮き、かんむりの部分に風をうけてながれていく。黄色いのが触手、どのくらいのびるのか、俺はしらないが・・・

この透明感、へんな形、絶対中に超ミクロの宇宙人が住んでいるにちがいない!

こんな形の命があるって、、、感動。

さて今月は、ヒトスジギンポで子供の本をつくることになったので、はじめちゃんの所にいく。ここ2〜3年、水納島で撮影していたのだ。編集者にこのストリー擬人化して、吹き出しでもつけますか?って聞かれたけど、意地でも擬人化しない。

可愛いヒトスジギンポにしゃべらせると、わかりやすいけど、どこにでもいるヒトスジ君のありのままの姿が、ぼくにとっては最高におもしろいし、エボシじゃないけど、自然の事実以上に素敵なことってないようにおもえるから。

ずいぶんヒトスジ君とつきあって、一筋にやってまいりました。そうするとホントに想像もしなかった表情にあえますね。こうご期待!買ってちょうだい!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/07/yusuke/ichimai/569/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
カツオノカンムリ < 今月の一枚 < トップ