タテガミの馬乗り

6月末に、再びゆうすけ親分がでんでんむし号で川奈に現れました(笑)

狙いは、メバルの子だったのですが・・・

お話をさせてもらっているうちに、ギンポの話になり個人的にもmyブームだった、写真のタテガミギンポの存在をお知らせし撮影することになりました。

ところが、このお魚はそれはそれはとても浅い所にいらっしゃいまして・・・汗

潮が満ちても水深50〜60cm・・・

引くと干上がっちゃうようなとこなんです。

たとえ満ちてる時間帯でも波打ち際ということで体がゆらゆらして困難な撮影になります。

そこで、あみ出したのが「馬乗り大作戦!」(笑)

失礼ながら、ゆうすけさんにまたがりタンクの上に体重を程よくかけ、両足で踏ん張る。

おかげで、翌日両足筋肉痛になり(笑)この光景を見るダイバーは何やってんの〜〜???と不思議そうな眼差しなのです。

というか、大御所に馬乗りしたなんて、、高野肇ちゃんちの息子か僕くらいのものでしょ〜〜(爆)

それはそうと、一緒に観察している中で、捕食のことやフジツボの中に卵を産み付けていたこともわかり、ゆうすけさんが撮られた全身ショットも見させていただき、このお魚の生態が少し分かって来たのが何よりもの収穫でした。

卵がなくなるると居なくなるかもしれませんが、観察していこうと思います。

楽しみがまたひとつ増えました〜〜。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/07/yagi/183/trackback
八木
八木 かつのり

1970年3月生まれ
川奈在住
ガイド会所属

むか〜し昔のことじゃった。岐阜の山奥に一人の若者がおったとさ。小さい頃は山や川で朝から晩まで駆けずりまわりよった。その若者は、都会さあこがれ名古屋へ出稼ぎに行き公務員になったとさ。何不自由なく暮らしていた中、どこで頭を打ったのか?若気の至りというものか?公務員をきっぱり辞めダイビングの世界さ飛び込んじまった。サイパンに渡りMOCダイブセンターヒロの元、丁稚奉公をしたとさ。帰国後、縁あって川奈という海に出会い、腰を据え一生そこで潜り続けるのじゃそうだ。自然と戯れるのがそれはそれは楽しいのだそうじゃ。あ〜めでたしめでたし!

伊豆半島・川奈
DivingService 川奈日和

〒414-0044
静岡県伊東市川奈673-5
DivingService川奈日和
Tel:0557-44-5755

www.b-yori.com

DivingService川奈日和

サイパン本店はこちら
↓↓↓↓↓↓↓
M.O.C. DIVE CENTER SAIPAN
www.mocsaipan.com
mocdive@gtepacifica.net

バックナンバー
タテガミの馬乗り < 伊豆半島・川奈から < トップ