B-BOY

今回の主役は、内湾部の砂地に生息するポピュラーなハゼ、スジハゼです!!

写真の個体は、キララハゼ属の一種Bで、「日本のハゼ」ではスジハゼBと記載されている種です。名前のとおり体に青いキラキラした星が散りばめられ、良く見ると、とても上品なハゼです。スジハゼは少なくともA・B・Cの3種に分けられますが、いまだにBしか見たことがありません。。。

ちなみにBはテッポウエビ類と共生することもあります。基本的に巣穴を持たず、ダイバーが近づくと砂地を逃げ回り、その後消えていきます。なかには自然にできた隙間を利用し、住処にしている固体もいます。

写真(2)〜(4)は後ろの隙間を住処にしている個体と、巣穴の近くに寄ってきた宿無しスジハゼのバトルです!!

お互いに警戒色を出し、ガンのくれあいとばしあいをしているところに、偶然出会したので、「スジハゼB vs スジハゼB」の様子をお届けします〜〜!!

(1)まず、始めにノーマルな状態!!

(2)目撃した時点でこのような状態で頭をお互いに擦り付け、ガンをとばしていました!!

(3)次に砂煙を上げ消えたと思いきや!

(4)ハゼ特有の威嚇ポーズ!!

その後、勝敗がつき奥の個体が逃げて行きました!!

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/06/nsc/342/trackback
上田
上田 直史

1981年12月20日生まれ
福岡県田川市出身
ガイド会所属

海から程遠い福岡の盆地で生まれ海への憧れが強く学生時代に日本海でライセンスを取得。

その後和歌山へ移り串本の海に魅せられ住民票を移してしまった窒素吸収男児。

和歌山・串本
南紀シーマンズクラブ

〒649-3503
和歌山県東牟婁郡串本町串本630
TEL:0735-62-1258
FAX:0735-62-6256

www.aikis.or.jp/~nsc-2007

南紀シーマンズクラブ

大きな地図で見る

バックナンバー
B-BOY < 和歌山・串本から < トップ