第六話 ガイドの技(第4編)

小ネタ

ガイドもお笑いの芸人さんのように、ある種のネタ帳のような引き出しがあります。

メインとなる「大ネタ」も大事なのですが、そこの盛り上がりにもってゆくためには、ジャブ的な小ネタが必要となります。ピークがない場合は、この小ネタを織り成すことで、ガイドを組み立てることもあります。

もちろん、大ネタ一発勝負!みたいなガイドも時期によってはありますが、基本はこの小ネタの形成にかかっています。少なければ、満足の域に達しませんし、多過ぎれば消化不良で、これもまた頂けません。

若い頃は、これでもか!?みたいにネタを並べて、ひけらかすようなガイドをして、自己満足に陥っていたこともありますが、最近は「過ぎたるは及ばざるが如し」の意味を悟り、そのギリギリの頃合いを確かめながら、ゲストに照らし合いながら、ガイドをすることの面白みに気がつきました。

もちろん、海あってのガイドですから、コンディションにお伺いをたてなければなりませんが、どんなに悪くても「こんな世界があるんだ?」と関心を持ってもらうことが、ガイドの勤めであり、海のシェルパとしての努めです。

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/05/tetsu/321/trackback
鉄
鉄 多加志

1965年生まれ
清水出身
ガイド会所属

生まれ育った環境が、都市部?の港湾地域に近く、マッドな環境には滅法強く、泥地に生息する生物を中心に指標軸が組み立てられている(笑)この業界では、数少ない芸術系の大学出身で写真やビデオによって、生物の同定や生態観察を行う。

通称「視界不良の魔術師」

静岡・三保
ダイバーズ・プロ アイアン

〒424-0902
静岡市清水区折戸2-12-18
Tel:0543-34-0988

Divers Pro IRON
blog.goo.ne.jp/under-w
blog.livedoor.jp/diverspro_iron
ameblo.jp/g-iron

アイアン

GROUP IRON

ORGANIC KELP

バックナンバー
第六話 ガイドの技(第4編) < 静岡・三保から < トップ