栄枯盛衰

先々月号で、『今シーズンは怖いくらい絶好調!』とか『調子に乗っているとしっぺ返しが来そう』なんて書いてたら、バンコクでデモが勃発。デモはバンコク周辺の一部のエリアだけで、カオラックやタオ島のダイビング現場はめちゃくちゃ平和なのだけれど、それでも、メディアに流れた情報で観光客は影響を受ける訳で・・・

そんな中、迎えたタオ島のゴールデンウィーク(この原稿を書いている今、まさにGWが始まったところ)。

もちろん、デモの影響でキャンセルも出たけど、とにかく人気の集中する時期なので、デモだろうが来てくれるリピーターさんや、キャンセル待ちのゲストのおかげで結局は賑わう結果に落ち着き、毎日忙しいけど、こんなにありがたいことはないと感謝感激。期待に応えられるよう頑張るのみ。ジンベエさん、出番ですよ!(笑)

さて、4月中旬にカオラックのシーズンを終え、GWはタオ島でということで引っ越してきたのだけれど、しばらくぶりに潜るタオ島の印象はというと!?

・水が粘っこく、のほほーんとした海

久々にエントリーしたタオ島の海。うわーっ、これぞ懐かしの(半年ぶりの)タオ島の海の水だ!

身体にまとわりつくというか、なんというか水の粘度が違う。それはきっと魚影の濃さにも関係している。タオ島の海は透明度はあまり良くはないのだが、その分いろんなものが溶け込んで栄養豊富で生物たちにとって餌が沢山あるのだろう。とにかくめちゃくちゃ魚影が濃い。水温は30度を越え、流れもほとんどなく、ゆるーい、まったり、のほほーんとした、ま、そんなこと、僕が勝手に感じているだけかも知れないが、とにかく緊張感の無いリラックスできる海なのだ。

・魚たちの勢力図が変わっている

タオ島の浮かぶシャム湾は閉鎖海域で他からの流入が少ない海で生態系がとても偏っていると言われる。

しかし、たまたま入って来た他の種がその環境にマッチした場合、爆発的に繁殖し蔓延る可能性もある。今回戻って来て、先シーズンと比べて特に増えたなと感じたのはオニアジだった。もともと沢山いたが、今シーズンは明らかに増えたと思う。チュンポンピナクルなどの中層以深、延々と続く河の流れのようなオニアジの流れは、何千匹?何万匹?

クラゲを撮っていたら、背景にいい感じでオニアジの群れが入ってくれたりする。いったい何匹いるのか僕にもよく分からない。

人の世でも栄枯盛衰は世の常。バンコクでは赤いシャツと黄色いシャツが己の勢力図をかけて戦っている。

ゆるーい、まったり、のほほーんとした、微笑みの国タイランドと呼ばれる本来のタイらしいタイに戻って欲しいものだ。

一刻も早い平和な解決を待ち望んでいる今日この頃・・・

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/05/omura/495/trackback
大村
大村 健(おおむら・たけし)

1973年、京都生まれ
ガイド会所属

18歳で大学のクラブでダイビングを始め、その後、バックパックを背負って海を潜り歩く旅を経て、20歳の頃に秘境・タオ島に出会う。以後、徐々に発展してきた島とともにダイビングにのめり込んで今に至る。現在、タイの2つの海を舞台に、海のポテンシャルをフルに引き出すべく精力的に潜り倒す日々を送っている。

タイ・タオ島 カオラック
Big Blue Diving

www.bigbluediving.jp
take40mura.blog17.fc2.com

タオ島店
17/18 Moo 1, Koh Tao,
Suratthani 84280, Thailand
Phone : 66-77-456 179
Fax : 66-77-456 772

Big Blue Diving Tao

カオラック店
57/7 Moo 7, Khuk Khak Takua Pa,
Phang-Nga 82190, Thailand
Phone : 66-76-486 773
Fax : 66-76-486 774

Big Blue Diving Khaolak

バックナンバー
栄枯盛衰 < タイの海から < トップ