いろいろ買いすぎて・・・

水中技研に頼んだ、Eos 5D Mark2のハウジング。

ちょっと後ろが出てるのが特徴。少し大きめに制作してもらい、将来というかわずか3年後のMark3に対応したつもり。

中身のカメラにも、でかファインダーが・・・とりあえず全画面が1シュンで見えるがまだ未使用なので、結果がいいかわるいか不明。

あ、この100mmマクロ.新しい手ぶれ防止つきのレンズ。おまけにデジ用になったマクロですから、きれがいい・・・

こちらはテールのハウジング 5D Mark 2に、アテナ工央に作ってもらったCanon 16-35 zoom /2.8 -2用のドームポート。

ズームのドームポートは理屈として無理もあるのですが、さてどこまで画質として使えるか? ドイツのショット社?のガラスを日本の技術 ホヤ?でけずったものだそうだ。この上のさらに大きなドームがあり、そちらのほうがズーム用としてはいいのだろうが、大きさと画質の利点のバランスはどうなのか?

このサイズで、ある範囲の画質にくるといいのだが。

一つのデジタルカメラの利点として、感度200だと晴れた日の水中で 1/125 f8 はいける。1/60 だとf11絞れるので、四隅もポジの時よりはるかに有利なはず。そんでアテナのガラスがよければ〜〜

16-35なんて、相当いろんなものが撮影できる、夢のレンズかもと夢見て買ってみました。

買うばかりで、まだよくわからんのだけど、おいおい報告いたします。

ゆうすけおじさんの動く家(映画みたいに飛べないけど)は、日々新しい装備と改造に励んでおります。限られた資源(電気)を無駄にしないためにLED化したり、なんだり仕事もせずに励んでおります。

細かいものを入れたら、あまりにいろいろ買いすぎて、覚えてない状態。

年開けたら出動だ〜〜

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/01/yusuke/essay/148/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

出版のご案内
バックナンバー
いろいろ買いすぎて・・・ < ゆうすけ的エッセイ < トップ