新刊『山溪ハンディ図鑑 日本の海水魚』出版のご案内

拝啓

皆さんの沢山の協力のおかげで、この度山と溪谷社より『山溪ハンディ図鑑日本の海水魚』を出版しました。

この図鑑の1番の特徴は、一般的なダイバーにとって最も良い図鑑をめざしたことです。ハンディーで携帯しやすいということを前提に、どこまで種数を増やせるかを追究しました。普通にダイビングで観察できる種を優先し、北の海や淡水域、ごく稀に出現する種は大型図鑑の『カラー名鑑日本の海水魚』にゆずりました。しかし、同書に収録されていないがダイバーに知られている種、新しく和名がつけられた種は100種ほど載せました。その結果、1264種も掲載しています(少しやりすぎだったかもしれません……)。

ダイバーの使い易さを重視するというコンセプトから、外観からの種の識別点を神奈川県立博物館の瀬能 宏氏の協力のもと、できるだけ詳しく書いています。ハンディー版ということで、写真点数は可能な限り絞り込み、1点1点を大きく見やすくしました。カラーバリエーション(種内の色変異)は少なくなりましたが、種の特徴を見やすくすることを優先し、色変異については解説になるべく書きました。

似ている種はできるだけ近いページに掲載し、見比べやすいようにしています。また和名索引だけでなく、巻頭ページに代表的な魚の写真を並べ、魚の形や雰囲気から、すばやく掲載ページにたどれるようにもくふうしました。和名、学名、分布については瀬能 宏氏により、最新情報が反映されています。

初心者から上級者まで、長く使えるものになったと思います。

編集と解説文に1年あまり没頭して、僕はメタボなカメラマンになってしまいましたが、自信をもって友人に勧められるものができたとおもっています。

敬具

トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2010/01/yusuke/books/71/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

バックナンバー
新刊『山溪ハンディ図鑑 日本の海水魚』出版のご案内 < ゆうすけ書店 豪海堂 < トップ