Blue Journey ― 南の島へ

青い空と青い海、われわれダイバーにとっては、永遠のテーマだけど、こればかりはダイバーでない人にも通用する。

それにしてもただ見てるだけで気持ちがいいって、当たり前だけど理屈っぽく考えてみると不思議だ。当然理由なんてないわけで、ただそこにあるだけで気持ちいいのだから、こんなにありがたいものもない。GDP至上主義を多少捨てて、傷めさえしなければ我々を幸福にしてくれるものが沢山あるのにね。

基本的にはただ(行くのに金かかるけど)自分の周りでもいいわけだから。写真は僕の小さな写真集の第4弾。

3冊でやめようと言っていたけど、売れると出てしまう。ちょっとダイバー的写真集も出せるといいのだけど誰も声をかけてくれない。夏の雲楽しんでください。経済界という海の本には似合わない?会社です。

Blue Journey ― 南の島へ
トラックバック URL:http://www.gokaiclub.com/2009/06/yusuke/books/4517/trackback
吉野
吉野 雄輔

1954年生まれ
東京出身

海と海の生物すべてを愛する写真家。

大学卒業後、アジア、南太平洋、南北アメリカ、カリブ海、インド洋など世界の海を放浪、1982年にフリーの海洋写真家として活動を開始。世界80か国ほどの海を取材、《吉野雄輔フォトオフィス》を主宰。

2009年から日本全国をキャンピングカーの旅をスタート、1年の半分以上は海に潜って撮影している。

社団法人日本写真家協会会員

吉野 雄輔/photojournalist:
happypai.wix.com/kaitei

バックナンバー
Blue Journey ― 南の島へ < ゆうすけ書店 豪海堂 < トップ